>

大きな事故が起こらないように

爆発の危険性がある

酸やアルカリは、人体に悪影響を与えます。
現場でそのような物質が発生していないか、工事を行う前に確認してください。
もしガスが充満していたら、工事をしないで待ちましょう。
無理に工事を進めると、作業員の身体に異変が起こってしまいます。
少し近づいただけでも、人体は影響を受けると思ってください。
気分が悪くなったり、負傷したりする事故が発生します。

事前に現場の情報を調べて、可燃物を扱っていることがわかったらより慎重になってください。
普段通りに工事を行うと何らかの衝撃で火が発生して、可燃物に引火する危険性があります。
すると火事や爆発など、かなり大きな事故に繋がります。
被害も大きくなるので、安全確認を怠らないでください。

専門家が立ち会う決まり

可燃物が多くかなり危険だと判断された時は、溶接やガスなどを使う時に許可を申請してください。
許可が下りない限り、勝手に工事でそれらを使うことはできません。
許可は1つだけでなく、いくつも取らなければいけない場合があるので、事前に何の許可があれば良いのか確認しておきましょう。

さらに専門家が立ち会っている中で、溶接を行なったりガスを使ったりするケースも見られます。
専門家に見守られながら作業を進めるなら、安全性が増しますね。
もし専門家が危険だと言っていた場合は作業をやめて、素直に指示に従ってください。
安全に工事を進めるためには、専門家の言うことをしっかり聞くことが欠かせません。
安全であることを第一に考えましょう。


この記事をシェアする